メッセ体験

ふぃぃーー
やっとこさ緊張の一週間がおわったぁ!

きょうはお昼の礼拝でメッセージをすることになっていたので
今週は勉強や聖歌隊でいそがしい合間をぬりつつも
あーでないこーでもないと原稿を準備していました。

事前にチャプレン助手のボンさんから
学生生活の中で感じたことや良かったことを
素直に言葉にしてみるといいよ
というアドバイスをいただいていたのですが
そうはいってもこれがなかなかうまくいかないもので(^^;

伝えたい言葉がありふれた思いにガバガバ覆われて
うまく文章としてつながらないのには相当焦りを感じた。
でも、言葉を繕っていることに気づいてからは
なんか気負っていた自分がバカらしく思えてきて
もういいや、思うままに書こう!ってなって
前日28時に原稿が出来上がりました。


で、さきほどメッセージをしてきたわけで。

本番って、なんで手とか足とかあんなに震えるんだろうねw
顔引きつってなかったかなぁ。
声は自分でも驚くほど静かだった気がする。
とある内容に泣きそうになった所があったけど
それもなんとかこらえて話し続けることができてよかった。
なるべく前を見て話そうとしていたけれど
前にいる一人ひとりの顔を見て話せたかというとちと怪しい。
反省が次々に湧いてくる。

いや、でも安心する面々が来てくれていたのは
とてもうれしかったしすんごい励みになった!
いそがしい中チャペルまで来てくれてありがとう。
拙いメッセージだったけど率直なリフレクションがあると
たっしはもっと喜びます(・∀・)

司式をしてくれたツンさん、
オルガン奏楽をしてくれたえっつん。
このふたりにもスペシャル・サンクス。


最近自分の教会の礼拝に出席できていないのが負い目だった。
誰でも守るべき大事なものがあると思うけれど
クリスチャンである自分にとって日曜日は大事な一日。
またあの教会で礼拝をささげたい。
メッセージをすることで自分の原点を思い巡らす中
そんなことを改めて思いました。

さて、これから夜勤に出かけてきまーす!
明日はゆっくり休むぞーー♪

しっかしきょうの暑さはハンパないねー。
気づけばもう7月か・・・
[PR]
# by after-dusk | 2008-07-04 14:18 | 日記

わりと誰しも

きょうはちょっとした会話の中でいろいろな気づきがあった。
たとえば、皆が不安の中に生きているということ。

いつも精一杯がんばっていてエネルギッシュな彼も彼女も
ひとの素知らぬ部屋の奥で悩みに頭を抱えている。
人間なんだからありとあらゆる心の動きがあって当然なのに
そのひとのある一面しか見ていないと
大丈夫とそのひとを向こう岸へ流してしまう。

そんな自分もなにかと大丈夫なひとのようらしい。
わりとしっかりしてそうだし?
わりと年もかさねてきてるし?
あとわりとうまくやっていけてるよね?
そう、わりと、割とね・・・・。

でもさ、わりと大丈夫そうなひとほど必要としてる。
その手でポンと肩をたたいてくれて
「最近どう?」なんて声をかけてくれることなんかを。


茫漠とした不安を不安と言ってしまうことにためらいを感じていた。
どうせそれを言ったって不安の一部すら解決されない。
そんな無力を感じては口をつぐんで
自分の一面だけを自分らしく仕立て上げて
ついには不安を先延ばしするくらいしか
自分を保つ術はなくなっていた。

たしかに見せかけの自分は偽りかもしれない。
ただ偽りという字は「人為り」とも読める。
仮面を付けた自分も自分自身には違いないんだ。
だから本当の自分なんて探しても探せるもんか。
だってずっと自分と一緒だったのだから。

わずかに言いたかったことからずれてきたかも(´・ω・)
要は、気持ちを誰かと分かち合うことがいかに大切か。
それが言いたかったんです。

ひとりでうつうつとしてると
自分の内的ワールドに埋没してしまう。
で、それに慣れてくると埋もれてる自分に気づけなくなって
ひとの声に敏感になれなくなる。
刺激を刺激と思えなくなる。

対話が必要。
ひととも、神さまとも。
そして心の鏡にうつる自分とも。

分かち合う時間に飢えてます自分w
[PR]
# by after-dusk | 2008-06-24 01:29 |

それ測れるの

月曜日は午後から授業がある日。
3コマという講義数は他の曜日とおなじなのに
講義が終わるとどっと疲れが出る。

この差はなんだろうね。
一週間のはじまりだからかはたまた
実験心理学が面倒だからか・・・・。

午後の3時に教室の中で統計のための数式を駆使しては
あーだこーだとひたすらに問題を解いていく。
天気もいいってのになぁ、散歩に出かけたいよ。
頬づえついてたらふともったいない気がした。

でも臨床心理学には必須と言える心理統計は
やはり勉強しておきたい!!

きょうちょっとした問題を解いてて思ったけど
イミフな公式も使っていれば用い方がわかってくるもんだ。
心理学が科学たる所以を実感。

ただ、実験でひとの心を測れるのか、測って良いものなのか
その倫理性についても考えさせられる。
まあこちらはおいおい考えていきたいですな。

いやしかし・・・やっぱエクセルは苦手だ。
どうして今の学生はすいすい作業ができるの?
高校でやってきたから??
自分が高校生の頃はパソコンの授業なんて無(ry
はあああ・・・この苦手意識克服したいなぁ・・・・orz

ま!なんとかなるっしょ!(でた自己完結w)

それはそうと
Superflyは友達から借りられたし
バインの新譜も発売間近!!

これほどのwktkはひさびさであります(゚∀゚)
[PR]
# by after-dusk | 2008-06-16 21:24 | 日記

靖国―YASUKUNI―

d0138600_1482354.jpg


映画「靖国」を観てきた。

いろいろ物議が醸しだされていたから
つい公開しないものかと思っていたけど
むしろ延長やら拡張やらとじわじわ
評判が沸いてきているようです。

さて内容の感想はと言うと
可もなく不可もなくといった印象。

良かったと思う点は

・ナレーターなしのドキュメンタリーもの
・カメラワークの生々しさと臨場感
・多角的に事態をながめられるところ
・舞台裏の出来事


一方良くないと思う点は

・音声の聞き取りにくさ(特にインタビュー時)
・映像や写真の取捨選択

といったところでしょうか。
全体的にみて良い作品だったと思う。
少なくとも学生料金1500円を払って観る価値はある。

靖国神社御神体のひとつに「靖国刀」というものがある。
その最後の刀師という人物がインタビューに答える映像が
全篇をとおして至るところでみられたが
そこには刀師としての顔、戦争経験者の顔、平和を願う一人の顔など
さまざまな表情もみられた。
僕にはその一連の様がシンボリックに思えた。

彼は多くを語らなかった。
あの戦争での体験を。

「もうあそこには行きたくないなぁ」というつぶやき。
戦地の記憶を思い出していたのだろうか。
推測の域を出ない。

8月15日に「天皇陛下、万歳」と声高に叫ぶ人々。
首相の靖国参拝に反対する青年を暴行する人。
あるいは暴行された青年の主張。
愛する人を合祀されたことに抗議する遺族。

いろいろな人々の思いがある。信念がある。
普通に生活をする分にはいさかいは生まれないだろう。
しかし、いざこの靖国問題を介すると対立が生じる。
譬えるならば、左右の道を分かつ時に
きょうの友があすの敵となるのだ。

なにより対話が必要と思う。
感情と感情がぶつかった埒の明かぬ話ではなく
落ち着いて、論議する機会が必要なのだ。

それは相互に理解するため。
妥当な点を模索するため。
平和を希求する思いは皆同じではないか。

最後に、どうしても気になったことがある。
それは「日本人とは何か」という命題だ。

「日本人なら靖国の英霊に表敬せよ」と言われても
なぜそうしなければいけないのか分からない。
これは殉死していった人々を偲ばないという意味ではなく
日本人ならこうすべきといった論理への疑念だ。
短絡的な論調が今の「プチ右翼」とか「にわか左翼」などを
生んでいる気がしてならない。

大和魂とも言われる日本のこころとは何か。
再考する必要性がある。

国のアイデンティティ・クライシス。
それは自らを規定する(してきた)価値観を
見直すきっかけかもしれない。
[PR]
# by after-dusk | 2008-06-14 21:45 | 日記

未だに信じられない

8日正午、秋葉原で無差別殺傷事件が起きた。

通行人が犠牲となり、20時の時点で7名が死亡、
10数名が重軽傷という状況のようだ。

僕は日曜日、秋葉原経由で埼玉の教会まで通っているので
きょうもいつものように帰りはアキバをとおった。
しかしいつもと違っていたのは
あの歩行者天国のゾーンが閉鎖されて
警察が慌ただしく動いている様子。
そして野次馬と化した通行人の群れだった。

悲鳴が駆け抜けたアキバだったが
僕が行った頃にはいつも通りのにぎやかさが戻っていて
白昼の凶行がほんの束の間の出来事だったのだと
逆におしえてくれるのがまた何とも不気味だった。

家族や友人などはさぞかしショックだろう。
まずなによりも現実を受け容れられないと思う。
気持ちは混乱に次ぐ混乱ではないだろうか。

もし自分が当事者だったとして
とても大事なひとを失ったとしたら・・・。
考えがよぎるだけで恐ろしい。

犠牲に遭った方々を悔やんでも悔やみきれない。
本当に残念だ。
遺族や関係者の方々がいやされるよう祈りたい。
[PR]
# by after-dusk | 2008-06-08 21:10 | 日記

記憶

ブログは日記としての機能がおもなもの。
あとで見返してみると忘れていたことが
昨日のことのように思い出せる。
だから時折、記憶との同期に用いている。

人間は忘れっぽいのだ。
忘れてゆくようにできているのだ。

なぜ?

たぶん、それは忘れなければ生きてゆけないから。

忘れることはよく忌み嫌われる。
憶えていること、憶えつづけることが全き善とされる。
だがその理想はあえなく叶わぬという自明の理。
それは忘れるという事実が証明するところだ。
人は必ず忘れる。

忘れることは悪くはない。
むしろ人は忘れることで逆に大事なことに気づかされる。
それはいつかの問題かもしれない。
でも「あれなんだっけ」と思い出す過程に
記憶の復元と更新がある。

人は忘れて思い出し、
思い出してはまた忘れて生きている。

人の一生で得る記憶は無数のよう。
この世界に生きてればつらいことが多いもの。
忘れて楽に生きていきたいさ。
でも忘れたいことに限ってそれができなかったりして。
その不条理や如何に。

忘れても、忘れてはいけない。
詰まるところこれが答えかもしれない。

人間には学習も機能のうちに含まれている
その所以。

※記憶の同期・・・・我ながらおもしろいことを言う。
[PR]
# by after-dusk | 2008-05-31 23:32 |

晩霞

みなさん今晩和。
あなたの夜をラグジュアリーに彩るafter duskへようこそ。
ん?今は朝だって?
じゃあさっきの「夜」んとこをモーニングと読み換えてくださいw

先日このブログの評判(?)を某所にて耳に挟んだのですが
なにやら当タイトルが弄ばれていたようでして・・・・

ブログ名はアフターダストではありませんよ。
アフターダスクです。

日が暮れてから、という意味です。
名は体を現わすというでしょう。
そう、名前にはちゃんと意味があって
名づけ人の願いが込められているんです!
Let’s remind!!!

さてもうそろそろ梅雨どきですよね。
雨の時期は身体の節々や古傷が痛んだり
気持ち的にどんよりし勝ちなんであまり好きじゃないです。

なによりも夕焼けが見られないじゃないすか!
あの橙色の空を眺める時間は
僕にとってはプライスレスなひと時。
昔も、これからも、きっと変わらずね。

僕の記憶する中で最高の夕焼けがいくつかある。
言うなればベスト・ダスク・シーン。略してBDSである。

1つ目は、2001年9月11日の夕日。
遠くの空へと翻るかのような夕焼けだった。
畏怖というか神聖な感じさえして
僕以外だれも乗っていない一両列車の車窓から(※地元は田舎)
でっかい太陽とひろーい田園を時を忘れて眺めていたっけ。
そして帰宅してから米国で起きたあの事件を目の当たりにする。
あの空の輝きが何かを意図していたかのようで
僕は今でもその夕日を忘れることができない。

2つ目は、2006年8月8日の夕日。
この日は仕事帰りに近くのスーパーに買い出しに行ったんですね。
そして店から出たら西の方が紅い。赤いんじゃなくて紅いんです。
すごいのが見られるぞと思って西の空が見える丘まで駆け出しました。
で、丘を登りきったときにえらく驚いたのを憶えています。
僕はそのときはじめて「空の境界」があるんだと知った。
昼が夜を連れてくるターニング・ポイント。

夕日はどんな人にも等しくその目に映る。
だけど夕日をどう見るかは人によってさまざま。
失意と共にセンチメンタルに見る人がいれば
成功を夢見てエモーショナルに眺める人もいるだろう。
夕日は折にかなって自らを移す鏡となる。
これが僕の持論だ。

また気が向いたら夕焼け・夕日について語りましょう。
ちなみに梅雨どきに時折見られる夕焼けは
雲間を突き破ってアグレッシブな感じです。

※8月8日の夕焼けの写真


d0138600_23395318.jpg

[PR]
# by after-dusk | 2008-05-29 23:57 |

リミットさん

きのう友達に言われた一言。

「tasshiはいつか倒れそうで心配」

気にかけてくれて本当にありがたい。
でもこう見えてタフなんです、と答えた自分。
タフだと思っていたんですよ・・・・


そしてきょう倒れてしまったわけで。
とうとうというか・・・・ついにというか。
先々週からずっと気を張ってばかりで
先週からは風邪っぽいのに週末は合宿やなんやら。
しっかり休んでまずは風邪を治さないといけなかった。

やることがいっぱいで
何からやればいいのか考えてたら
だんだん何のためにやってんのか分かんなくなって・・・・。
まったく自分なんてちいさすぎる。
どこがタフだ。そんなの過信だった。

ひとは身の程を知りながらも
やっぱりどこか自分をがんばらせてしまう所があるみたいだ。
しかも僕は限界まで追い詰めないと
自分のスケールを計れないときた。
いいかげん学習しないと。
体力も、能力も、時間も自分のものだけど
自分だけのものじゃないんだってこと。

書きたいことが溜まってきてる。
今月はいろいろあってさー。
とくに先週はさっきも言った合宿とかね。
あ、シキシシキのこと言い忘れてたw
いや忘れたわけじゃないんだけど。

指揮、これは大変でした。焦燥しきりました。
汗がまじで滴り落ちてきてビックリですよ。
やばい俺何もできないってw
これは練習しなきゃです。
努力が苦手ですが努力しなきゃいかんともしがたい。
がんばれ俺!負けるな俺に!

ファンにはまだ追っかけられないが
不安には付きまとわれて困ったもんだ・・・・or2
[PR]
# by after-dusk | 2008-05-27 23:58 | 日記

どのタイミングですか

どうやら風邪をうつされたらしい。

3限目の授業で目の前に風邪っぽいひとが座ってたんだけど
しばらくしたらこっちまで鼻がぐずぐずしてきて
今や30秒に1回くらいのペースで鼻をかむという有様。
なんか花粉症になったときのことを思い出すよ。
あーあ、しんどいわー

最近のいそがしさは相も変わらずで
しかも今週はレポート、聖歌隊での指揮、お昼の礼拝の司式と
これまた話題に事欠きませんな。

その中でも指揮と司式は初体験です。
どっちも人前に立つんだよね。
司式のほうは大丈夫。これはなんとかなる。

問題は指揮のほうだ。
先輩指揮者からはいろいろアドバイスをもらって助かるが
はじめて振ったときには汗が滴り落ちたとかいう話を聞くと
どれほどのプレッシャーを身に受けるのか
激しく不安になる・・・・・。


でもでも、
そんなことは言っても何を心配したって仕方ない。
だって初指揮ですもん。
プライドなんて元からないし、ゼロからのスタートさ。
できなくて当たり前。こっから始めればいい。

ふと思ったけど、
ホント自分は自己完結型の人間だよなぁ。
この前も友達に言われてナットクしたんだけども。

勝手に不安がって、勝手に安心を見つけてしまう。
ひとに相談しても自分で話してるうちに解決してるなんてざらだもの。
手がかかるんだかかからないんだか
よう分からんねこりゃ。

とにかくキャパぎりぎりなんすよ!これは確かだ。
追い詰められないと何かをしないタチなんです。
さあ、レポートやるぞ!決戦は金曜日!

風邪なんか引いてらんねえぜ。
たのむからルル効いてくれよおおおお。
[PR]
# by after-dusk | 2008-05-20 23:39 | 日記

Lament

この日、ある学生の追悼記念礼拝に出席した。

先日礼拝司式をしていた姿は今も鮮明に残ってる。
しかし、彼はもはやこの世界にはいない。
そう思うと何とも言えぬ切なさが
この心を締め付けた。

面識はなかった。
それに彼がどういうひとだったのかも知らない。
ただひとつの共通点は同じ学科であったということぐらいだ。

だけど、

それでもこんなに悲しい。
ひと一人のいのちがどれほど重いことか。
あまりに惜しいのだ。
20歳・・・今が花の盛りではないか。

なぜ、何故なんですか、神様。
そう問わずにおれない。


礼拝で讃美歌をうたった。


主よ、みもとに 近づかん
十字架の道 行くとも、
わが歌こそ、わが歌こそ、
「主よ、みもとに近づかん」


慰めと題されたこの歌が
遺された家族や友人たちの心を癒すようにと
僕は願う。


≪はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、
 一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。≫ヨハネ12:24
[PR]
# by after-dusk | 2008-05-16 23:59 |